ED治療、悩んでいませんか?

壊れやすい部分

EDに悩む男性

パソコンのハードディスクには大切な思い出や仕事のデータが入っていることが多いです。しかしハードディスクはパソコンの中でも特に故障しやすい部分なのです。
ハードディスクが故障した時の症状は、変な音がする、何度も同じ動作をする、パソコン本体の電源が入っていてもハードディスクは反応しないなどです。
故障する原因は様々ありますが、原因によってはデータ復旧できない場合もあります。

ハードディスクは高速回転することによって表面の磁気体にデータが記録することができます。そのデータを読み書きするのがアームです。
ハードディスクを落としたりして衝撃を与えてしまうと、ディスクの回転する部分に負担がかかったり、アームが歪んたりしてしまいます。
こういったことが故障の原因に繋がります。

ピックアップ

危険な症状

副作用で悩む男性

ハードディスクの症状をわかっていると、故障をするということがわかるので、バックアップをとるということも事前にできます。
特定の症状が出るともうすぐ壊れる、という赤信号ですからすぐにバックアップを取る必要があります。

詳細を確認する

やってはいけない行為

契約した保険

ハードディスクが故障した際に、パソコン初心者の場合は色々いじって余計状態が悪くなってしまうということもあります。
コマンドプロンプトを使ったり、フォーマットを実行してしまうとさらに負荷をかけてしまうことになります。

詳細を確認する

ノートパソコン

色々な種類の薬

ノートパソコンのハードディスクを交換する場合はパソコンの環境ごと全て交換した方が楽に変えることができます。
方法としてはCD-Rなどにデータを書き込み、交換したハードディスクにデータを書き戻します。

詳細を確認する

Copyright(c) 2014 ハードディスクの故障やデータ復旧の方法について. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com